黒箱トミカのガラスパーツに亀裂が!

実は引っ越しすることとなり、いろいろと部屋の整理をしていたんですが、トミカが出てきたんです。押し入れの奥から(゚∀゚)

すっごく懐かしてく。

ところで、黒箱トミカがいくつか見つかったんですよね。で、気になったのが、黒箱のトミカの正面、箱の下にトミーの表示があるんですけど、これが黒1色でTOMYというのと、カラーになっていて、TOMYとあるもの、さらにはカラーだけど、トミーというものもありました。

なにが違うの???
ってすっごく気になってしまい、調べてみました。

そうしたら、黒箱トミカのロゴマークなんですが、もっとも初期のタイプは、ロゴマークが「赤いマークと青のTOMY」だってことでした。

で、片面が英文表記になっていて、もう片面は日本語表記だったんです。
だから「青いTOMY」は「青いトミー」になっているんですって。

なかなかおもしろいですよね

で、その後に、「黒字に白抜き文字のTOMY」が出てきたってわけです。

そうそう、持っていたトミカで、黒箱のトミカ17-1 日産チェリーがあったんです。すっごく懐かしくなって、手にとって眺めていました。

そうしたら、窓ガラスのパーツ部分にある穴に亀裂が入っていたんです。

ちょっとショック!!

やっぱり、古くなったから壊れてきたのかな??
けど、僕の日産チェリーは箱付きだし、見た目は新品同様にきれいな個体なんですよね。

それで、知り合いに中古のおもちゃの買取とかをやっている人がいるんで、話を聞いてみたんです。そうしたら、もしかした、製造工程で、パーツを取り付けるときに、割れた物をミスって取り付けたんじゃないかって言われて。。。

というのは、この日産チェリーのトミカはシャーシとボディがはめ込みになっているんですよね。

で、はめ込むときに圧入で割れてしまった可能性の方が高いかもしれないと言ってました。
そもそもトミカのガラスパーツが経年劣化するっていうのは、ないだろうとも(^_^;)

まぁ、隕石にでも遭遇するようなものだねって言われてしまいましたけどね。

でも、僕は単なるなつかしさしかなかったので、別段どうということもないんですが、こういうガラスパーツの割れってトミカの美品コレクターなら、さぞかしショックだろうねってことでした。

神戸製鋼の改ざん問題がニューヨークタイムズの一面に

ひろきでぇ~す!
なんと神戸製鋼の改ざん問題が、アメリカのニューヨークタイムズ紙の一面を飾ったらしいね…ある意味すごいよね。やっぱり、日本の大手だし、神戸製鋼からいろんな会社が仕事を依頼されていたわけで、日本のイメージに打撃を与えたってこと。神戸製鋼は長年に渡り強度のデータを改ざんしてらしいね。そういえば日産でも無資格の人が整備にあたっていたとか言うし。結局、企業の体質なのかな~なんて思ったりするけど、どうなんだろう。

車も運転が好きなひろきで~す☆

ひろきで~す。社会人3年目です。

 

仕事は健康食品関係の会社で営業をしています。ようやく仕事にも慣れてきて、今は大口の得意先を担当させてもらっています。通勤は南千住の実家から恵比寿まで通ってます。
毎日、通勤電車は疲れますけどね。

そんな僕の趣味は車です。子供の頃から車が好きで、当時はミニカーに夢中でした。ミニカーと言えばトミカですよね。おそらく、いまだに家のどこかに親に買ってもらったトミカがたくさんあるはずです。捨てた記憶はないんで。

でもトミカは今、考えてもよくできたミニカーだと思います。特に好きだったのは、クレーン車や消防車とかの、働く車でした。子供の頃って、ああいうのに憧れるんですよね。自分が操縦しているような感覚で遊んでいた記憶があります。

まぁ、でも、中学生になったくらいでトミカは卒業しましたけどね。

で、そこからはやっぱり本物の車に夢中になりました。といっても、別に車イジリが好きというわけではありません。高校は普通科だったし、大学も経済学部だったから車とは無縁です。僕にとって、車はあくまでも趣味ですから。
だから、僕の場合は運転することが好きなんで、メカとかにはあまり詳しいってわけじゃないんです。
なんだか書いているとだんだん情けない感じになってきたんですけど、車が好きってことには変わりはありませんので!

ちょこちょこと更新しようと思うので、宜しくお願いします!